Not signed in (Sign In)

Categories

Welcome, Guest

Want to take part in these discussions? If you have an account, sign in now.

If you don't have an account, apply for one now.

Vanilla 1.0.3 is a product of Lussumo. More Information: Documentation, Community Support.

    • CommentAuthorgolfjapan
    • CommentTimeMay 30th 2013
     

    ボールを 左側 (1) に置いても、体重を左脚により乗せるようにして 重心を 少し左寄りに置き、バック・スイングで体と回転軸が右に動かないようにショットをすれば、ボールの位置は左足のかかとの内側の前が良いことになる訳で、ス イングの仕方によって (また、打ちたいボールによって) ベストなボールの位置は変わる。

     本来あるべき姿ではないが、ボールの位置はスイング時のラテラルな (左右への)テーラーメイド ロケットボールズ ドライバー動きに大きな影響を及ぼすのである。例えば、ボールが左寄りにあれば 構えた時に 体重も重心も左寄りに行く傾向があり、右寄りにあれば、その逆の現象が起きる。

    そして、その後に 体重を右脚の方に移動させるようにスイングしようとすれば スイングを通じての重心と回転軸の移動量は 左寄りにボールを置いた方が大きくなる傾向がある。従って、邪道的な観もあるが バック・ロケットボールズ ドライバースイングで体全体が比較的大きく右に動く (悪い) 癖のある人は、ボールを ベン・ホーガンが教えているように 左足のかかとの前に置くようにすると スイング軸の左右への動きを助長する結果になるだろうから、あまりボールを左側に置かない方が良いと言う考え方も出てくる。

     しかし、ホーガンのように バック・スイングで軸が右に動かずに ダウンスイングで腰が左に正しいタイミングでシフトしながら回転するスイングが出来る場合は 左足のかかとの前にボールを置くという考え方が理に適ったものになる訳だ。